FC2ブログ
土木・建築・測量など工事現場における用語のデータベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
丁張(ちょうはり) Stakeout
工事測量、工事現場に欠かせないもの
現場を掘削する上で、掘削角度や高さを表すもの


『現場の方向指示器』


「丁張:ちょうはり」には、何が書かれているのか?

斜めの板:
1.法長 SL(Slope Length)
2.勾配 Slope Angle
3.測点 Station Point 


横板:
1.道路までの高さ Height
(掘削すべき所までの高さ)


斜めの板と横板が交わる点:
その点から、上記の法長、高さの数値が測られる。

丁張 ちょうはり
スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

コメント
この記事へのコメント
はじめまして土木経験10年程の男です。

私が始めて土木現場を経験した時は丁張り(ちょうはり)の読み方もわかりませんでした。
今はこの丁張りが土木現場でどれだけ大事かを実感しております。

簡単に説明すると道路を作る時の目印ですね!
一見単純な物に見えますが、この杭と板には多くの情報があり、土木現場の施工性を大きく左右する大事な物です。
2008/02/09(土) 17:54:42 | URL | 土木現場をちょこっとかじった男 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。