FC2ブログ
土木・建築・測量など工事現場における用語のデータベース。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
接線方向角 tangential direction angle
接線方向角とは、中心線上にある点における接線の方向角を表すもので、この場合道路起点より終点方向に向かう角度(方向角)をいう。
スポンサーサイト

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

水準測量(すいじゅんそくりょう) Leveling
水準測量とは、高さを求める測量。
この際、レベル機器を用い2つの与点を基に要所要所に
高さを設置、算出する。

レベル機器は、水平高を正確に計測するためのもの。
人間の目で目標物となるスタッフ(高さを計測するための定規)を
ミリ単位で読み取る。
最近は、バーコードのスタッフが使われている。
人間の目ではなく、器械が高さをミリ以下まで読み取る。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

測点(そくてん) Station Point
測点とは、我々は一般的に、BC~EC上の線形20mピッチにて配置される主要点。
センターにおいては、No.0, No.1。

道路幅を表す際は、No.0+5.0 R=5.500(右側)と表示される。
左側については、L=5.500(左側)。


テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

測量(そくりょう) Surveying
測量とは、地球上の位置関係を決めるための技術のこと。
地図の作成、土地の位置や状態を調査計測を行うこと。

日本測量の歴史
1800年に伊能忠敬が日本地図を作成した。


測量法
測量を正確に行うことを目的として施行された法律。
基本測量、公共測量の定義
測量士や測量志補等の国家資格、成果物の取扱い
測量業者登録、罰則、測量全般をいう

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

三角点(さんかくてん)Triangulation Station-point
三角点とは、経度、緯度、標高の基準数値を保持している点。
ただし、標高については、精度が高くないため
標高(高さ)を必要とする場合は、水準点を用いる。

三角点は、主に山頂に位置しており、柱石がある。
管理先は、国土交通省国土地理院。

三角点の種類として、以下がある
1等三角点:設置間隔45km 柱石一辺18cm
2等三角点:設置間隔18km 柱石一辺15cm
3等三角点:設置間隔 4km 柱石一辺15cm
4等三角点:設置間隔 2km 柱石一辺12cm

柱石を見るたびに、「重そうだ」と感じてしまう。
これを運ぶとなると、、、。ぞっ、としてしまう。

テーマ:建設業 - ジャンル:ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。